前へ
次へ

褒める教育はそれほど重要なのか

親が子供に教育をする場合や上司が部下に教育をする場合には2種類の方法があります。1つは、叱りつけることです。これは、人間が無意識のうちにやってしまうことなので、意識的に叱る人はあまりいないでしょう。例えば、子供が勉強で悪い成績を取ってきた場合や、問題を解き間違えてしまった場合に叱りつける親はごまんといます。また、会社でも部下が仕事でミスをし損失を出した場合に上司が怒られるわけで、その上司は部下に叱りつけることが多いでしょう。このように、叱りつけることが一緒の教育のようになっているパターンがあります。一方で、なかなか意識しないと難しいのは、褒めることです。今親は、子供に対してどのように褒めるかによって子供の伸び方が違ってくるでしょう。一方会社の上司も、部下に対してどれだけ仕事に対して褒める家で成長度合いが異なってくるといえます。ですが、褒めると言う事は相手を認めることであり、これがなかなか難しいわけです。大人ですが子供を褒めることができていないのに、大人の上司が大人の部下を褒める事はなかなか難しいでしょう。褒めることによって伸びる人は8割位はいると言われています。逆に言えば、今まで褒めていなかった人を褒めるようにすれば、ぐんぐんと伸びてくる可能性があります。これは大人に対してでも子供に対してでも同じになります。褒めることによって伸びる人もいれば、逆に叱ることによって伸びる人もいるでしょう。これは今まで通りで問題ありませんので、特に意識する必要はありません。叱ることによって伸びる人は、どちらかと言えばおちゃらけている人に対してです。そのような人に対しては叱りつけて物事を教えた方が伸びやすい傾向があります。しかし、弱気な人や真面目に行っている人は叱りつけるよりも褒めた方が伸びやすい傾向があります。もし逆をやってしまうと、人々の才能をつぶすことになりますのでこの人は褒めるべきなのかそれとも叱るべきなのかを明確に見定めなければいけません。

不用品処分 大阪

https://www.artflair.co.jp/

葬儀 川崎市

東京都内の半個室自習室 | 文京区・豊島区の自習室KAKOI

https://xn--eckl3qmbc6976d2udy3ah35b.com/
小中高生全てに対応!オンライン家庭教師のe-Liveです

Page Top